日本の『塩』事情について

  • 日本は世界一の『塩』輸入国
    意外と知られていませんが、日本の塩自給率はわずか12%しかありません。その大部分をメキシコ、オーストラリアに依存しています。年間に約950万トンの塩の消費量がありますが、その大半が工業用として利用されています。

    日本の塩は「イオン交換膜」を用いた製法で殆どが生産されています。イオン交換膜による製法は、効率的に塩化ナトリウムの生産が可能ですが、本来の海に含まれる多様なミネラルは失われてしまいます。さらに副産物として、苛性ソーダ、塩素、炭酸ソーダがつくられ、上下水道や工業用途にも用いられています。
  • 何故、日本には「塩田」が存在しないのか?
    海に囲まれた日本では古くから塩づくりが盛んでしたが、昭和46年に「塩業近代化臨時措置法」により塩田はその姿を消しました。塩田は広大な敷地を必要とする為、近代化に向けて塩田の代わりに港湾整備を行い、臨海地域には工業団地が軒を並べ、結果日本の工業生産は一気に成長を遂げました。

    以降、自然塩(天日塩)は市場から消え、その代わりに精製塩(主にイオン交換膜製法)が食塩として普及した
    のです。現在、私たちがいう「塩」は、この精製塩を指すことの方が多いと知っても過言ではありません。
  • 塩分の摂りすぎは本当に「毒」?
    精製塩の成分はおよそ96~99%が塩化ナトリウムです。ナトリウムの過剰摂取は代謝障害を起こし、高血圧の原因になるともいわれます。日本では命の源とされていた「塩」ですが、近代化によって塩化ナトリウムの精製塩へと姿を変え、塩(精製塩)の摂りすぎは身体に毒というイメージだけが先行していると言わざるを得ません。
  • 本来「塩」は生命活動に必要不可欠
    人間の体液は約0.85 ~ 0.9%の塩水で構成されていることが判っています。古代の海水の濃度は約0.9%と言われ、非常に体液のバランスと近い事がわかっています。また、赤ちゃんを育くむ羊水のバランスとも酷似しており、まさに生命の誕生にミネラルが必要不可欠であると言えます。

減塩信仰の嘘。減らさなければならない本当の塩とは?

海水には生命維持に必要なミネラルが理想的なバランスで含まれており、赤ちゃんの命を育む「羊水」もまた極めて古代の海水に近いことがわかっています。塩は筋力のもと、体温のコントロール、脳の情報伝達に重要な役割を果たしています。塩=塩化ナトリウムではありません。

多種多様なミネラルを含んでいない「食塩」、いわゆる塩化ナトリウムだけの塩ばかり摂る事は高血圧をはじめ、糖尿病、成人病、低血糖値症、アトピーなど様々な病気の原因になります。

妊婦

image10.gif

何故「塩」が大切なのか?

何故「塩」が大切なのか?