3年熟成干潟天日塩の製法

最終工程まで完全非加熱で塩づくりを行います。
太陽と風、保存庫での熟成期間を経て、良くミネラル豊富な塩になります。
最高級とされるフランスのゲランド塩田にも見劣りしない味わいが特徴です。
 

3年熟成干潟天日塩の製法
 
3年熟成干潟天日塩の製法
 

その他の製法【イオン交換膜法(昭和46年〜)】

イオン交換膜と電気エネルギーを利用して高濃度の塩化ナトリウム
溶液をつくり、真空式蒸発缶で煮つめて製塩する

・広大な塩田が不要、天候に左右されずに生産
・製塩と別に工業用のカ性ソーダ、塩素、炭酸ソーダを生産
 ※ 工業用途以外に上水道設備にも使用される

 
seihou3.gif

その他の製法【流下式枝条架塩田(昭和28)~ (昭和47)年】

風と太陽の熱で鹹水をつくり、平釜で煮つめて塩を結晶化させる製法

  • 当時は入浜式と比べ格段に生産効率がアップ
  • 僅かににがり成分が残り味の良い塩ができる
  • 釜焚きにより、多くのミネラルが失われる

流下式枝条架塩田