3年熟成干潟天日塩 商品紹介

画像の説明

私達が健康な身体を維持するうえで「塩」はとても大切な働きをしています。現在、日本の塩自給率は12%程度と言われ、そのほとんどを海外からの輸入塩に依存しています。また日本国内で流通している塩の多くは96%~99%が塩化ナトリウムしか含まれない精製塩が占めています。

本来、「塩」にはたくさんの天然のカルシウム・マグネシウム・カリウムなどが含まれており、そこに含まれるカルシウム・マグネシウム・カリウムなども私たちの体内ではとても大切な役割をになっています。

3年熟成干潟天日塩は、世界5大干潟のひとつである「太平塩田」で生産された天日塩です。長年の熟練した塩職人たちが丹精込めて完全非加熱でつくられている為、豊富なカルシウム・マグネシウム・カリウムなどを含んだまろやかな味わいが特徴です。

ユネスコ生物圏保存地域に指定された広大な天然の干潟で育まれ、生態系の豊かな自然環境が残る太平塩田で作られる塩は世界中の多くの料理人達からも支持される高品質な塩として生産されています。

画像の説明

3年熟成天日塩の研究レポート【動画】

ユネスコ世界遺産に指定される太平塩田

1004の島からなる全羅南道 新安郡の中でも生態観光地として名高い曽島は、新安郡で7番目に大きな島です。中でも太平塩田は140万坪の広大な敷地面積を誇ります。2007年にスローシティに指定されたこの場所最大の魅力は、きれいな陸地と海、そしてその間をつなぐ美しい干潟です。単一塩田として国内最大規模を誇る太平塩田があり、塩田周辺には3kmに及ぶ66の塩倉庫が異色的な風景を演出しています。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

加熱処理なしの完全天日塩

3年熟成天日塩は、太陽と風による自然の力だけで乾燥させます。他の製法のように「釜焚き」といって最後の仕上げを加熱・蒸発させ結晶化させる製法を行いません。「釜焚き」による方法は生産時間は短縮されますが、加熱により塩のうまみを決めるミネラルが壊れてしまい、塩化ナトリウム過多な塩になってしまう為です。

3年熟成天日塩は製品になるまでに長い年月と熟練の職人による手間をかけて生産されます。そのため他の製法の塩と比べ、豊富にカルシウム・マグネシウム・カリウムなどを含んだ深い味わいが特徴です。

画像の説明

成分表

太平塩田

原材料名天日塩内容量450g
工程天日・乾燥原産国大韓民国
栄養成分
(100gあたり)
エネルギー:0Kcal
カルシウム:130mg
脂質:0g
マグネシウム:357mg
炭水化物:0g
カリウム:136mg
たんぱく質:0g
ナトリウム:38.2g
保存方法高温多湿を避け、常温で保存して下さい。
製造元株式会社太平塩田